島田直哉(龍谷大平安高)の球種や球速は?京都シニア出身は本当?

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、龍谷大平安高校に通っている島田直哉投手について記事を書いていこうと思っている。

 

2018年のプロ野球のドラフト候補生に挙がっているのでどんな選手なのか気になったので紹介していこうと思ったんだ。

 

龍谷大平安高校と言えば、京都にある野球強豪校であり甲子園にも幾度も出場している高校になる。

 

高校野球ファンなら名前を聞いただけで、知っていると思うが帽子に「H」のマークがトレードマークとなっている

 

ヤフーで島田直哉投手のことについて調べて見ると、投げる球種や球速のことについて調べられており、京都シニアと言うクラブに在籍していたのではないかと言われている

 

そのことについてこの記事で紹介していこうと思っているので最後まで見ていって欲しいと思う!

 

では、初めにプロフィールからの紹介だ!

【関連記事】

島田直哉(龍谷大平安高)はドラフト何位指名か予想!高校時代の成績も!

スポンサードリンク

島田直哉投手のプロフィールは?

 

名前     島田 直哉(しまだ なおや)

出身地    京都府京都市

体重     77キロ

身長     185cm

ポジション  投手 

投打     右投げ右打ち

 

さすがドラフト候補に上げられる選手だ

身長も185cmと高身長であり体重も77キロもある。

 

これだけの体格の持ち主から投げられるストレートは相当早いボールを投げ込むのではないかと思う。

 

では、どんな野球経歴を歩んで来たのか書いていこうと思う!

 

野球を始めたのはいつからは、不明であった

 

恐らく小学校低学年の時点で野球をしていたと思うが、詳しい始めた年齢についてはネット上を探しても不明であった。

 

中学校に進学すると地元のシニアリーグに所属

 

どこのチームに所属していたのかは、下のテーマで詳しく紹介するので待ってていてくれ

 

龍谷大平安高校に進学すると、新チームが発足する1年秋からベンチ入りを果たす。

 

上でも紹介したが、龍谷大平安高校と言えば甲子園に何度も出場している高校なので全国から甲子園出場を目指して、野球の上手な選手が集結する

 

しかも、同年代だけならまだしも上級生もいる中で1年秋からベンチ入りを果たすと言うのは相当実力がないといけない。

 

この時点で、島田直哉投手がどれだけ実力のある投手と言うのかが分かると思う。

背番号10を貰い控え投手として秋の近畿大会に出場する。

 

初戦は大阪代表の大阪桐蔭戦に登板。

3回を登板して0失点に抑える。

 

2年の春になると近畿大会にも出場。

彦根東高校戦に出場し、2-3で敗退するも最速142キロをマークする。

 

2年の夏には後一勝で、甲子園出場というところまでこぎつけるも京都成章高校に先発出場するも1回に5失点となりマウンドを降りることに。

 

この失点が響き決勝で敗退してしまい、甲子園に出場することは出来なかった。

 

この敗退は2年生である島田直哉投手にあっては先輩最後の夏を終わらせてしまったことになるんだよな。

 

この悔しさをバネにして今年の夏には甲子園に出場してOBに活躍している姿を見せたいよな。

 

では、次のテーマで島田直哉投手の球種や球速について紹介だ!

スポンサードリンク
 




島田直哉投手の球種や球速は?


では、島田直哉投手の球速や球種について記事を書いていくぞ!

 

まずは、球種になるがスライダー・カーブの2球種になる。

 

この球種に関しては2年の夏時点となるのでこの二つ以上に増えている可能性はある

 

少ないとは思わないが、シュートかチェンジアップを覚えることが出来れば今以上に打たれることもなくなるのではないかと思うんだよな。

 

しかし、球種よりもストレートに自身がある投手らしく2年の夏時点で球速は最速148キロを記録しておりストレートで押す投手と言うことが分かる。

 

2年の夏時点でこれだけの球速を出せていると言う事は、3年の春には150キロを超えている可能性も高いよな。

 

厳しい冬の間にどれだけ下半身を強化しているか分からないが、昨年のリベンジを果たすと言う指名を受け持っているので毎日ハードな練習に励んでいることは間違いないだろう。

 

この冬にどれだけ鍛えて来たかによって今よりも早い球速を投げ込むことが出来ると思うし、さらにキレのいい変化球を投げることも出来るだろう。

スポンサードリンク
 




京都シニア出身は本当?

京都シニアでプレーしていたのかとネットで検索されていた様だが、京都シニア出身と言うのは本当の様だ。

 

小学校6年から中学2年までの生徒が入部出来るクラブであり、京都市南区久世橋西詰上る 河川敷にあるグラウンドが練習の場所となる。

 

卒業生は、全国の野球強豪校へ進学している

島田直哉投手も京都の野球強豪校である龍谷大平安高校に進学している。

 

今年の夏が高校の公式戦最後となるのでどんな投球を見せてくれるのかとても楽しみだ

一年前は後一歩のところで甲子園に行けなかった雪辱を今年晴らして欲しいものだ!

 

【関連記事】

島田直哉(龍谷大平安高)はドラフト何位指名か予想!高校時代の成績も!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です